検索


更新履歴

RSS

  • seo

自己破産の悩みについて

自己破産を一人で悩まないでください。明けない夜はないのですから

自己破産の悩み最新記事

取り立てについて

サラ金業者をはじめ貸金業者はどのような手段で取り立てを行うのかを予め知っておくと役に立つことがあるかもしれません。
借金返済が滞るとサラ金業者は取り立てという行為にでますが、取り立てには法的手段によるものと法的手段ではないものがあります。
規制法にはしっかりと取り立て規制という形で法律化されているのですが、貸金業規制法には「債権の取り立てをするに当たって、人を威迫し又はその生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない」とシッカリ記載されています。

取り立て規制は細かくわかれているのですが代表的なものとしては、取り立てにあたって債務者や保証人などに、電話、電報などで繰り返し連絡したり、訪問したりすることを禁じています。また勤務先での立場が不利になるような言動を行なうこと、債務処理を弁護士に委任した旨の通知、または調停、破産その他裁判手続きを取ったことの通知を受けた後に、正当な理由なく支払い請求することをはじめ、「大声をあげる」、「乱暴な言葉を使ったりする」ことや午後九時から午前八時まで、その他不適当な時間帯に、電話や訪問をすることを禁じています。特に弁護士に委任した後に関しては合法的な貸金業者であれば、ピタリと取り立てが止まります。また合法的な賃金業者ではなくても弁護士に刑事告訴されるおそれがあるため取り立てがやむことが多いです。というのも取り立て規制に違反すると、業者は6ヵ月以下の懲役、100万円以下の罰金に処せられるとともに、監督行政庁より登録取消処分や業務停止処分を受けることになるからなんですね。

おすすめリンク